MENU

Defiとは?仕組みと始め方・稼ぎ方をわかりやすく解説【仮想通貨】

defiアイキャッチ

今回は、最近話題沸騰中のDefiについて解説していきます。

Defiはまだ日本ではそれほど浸透しておらず、専門的な書籍も少ないのが現状です。

暗号資産投資に新しく挑戦してみようと考えている方はぜひ、今回の記事をご一読ください。

この記事を読むとわかること
  • Defiとは
  • Defiのアプリケーションや機能について
  • Defiで稼ぐ方法やどれぐらい稼げるのか
  • Defi利用時の注意点
  • Defiを始める際に必要なもの

ビッコレが運営するメルマガ「ビッコレマガジン」にて、最新の仮想通貨情報を配信しています。

Defiに関する限定情報も提供していますので、是非無料登録してみてください。

目次

Defiとは

ここ数年でテレビや雑誌などのメディアで取り上げられ、よく話題になっている仮想通貨。

Defiはその仮想通貨と密接な関係があります。

まずはDefiの意味とその仕組みについて見ていきましょう。

Defiの意味

Defiとは分散型の金融エコシステムのことで、「Decentralized Finance」の略称としてDefiと名付けられました。

日本語では分散型金融という意味になります。

Defiの特徴は、管理者を必要としないことです。

今までの中央集権型金融では、例えば、店で商品をクレジットカードで買ったとき、金融機関がお店と消費者の間に入り、取引を自社の台帳に取引を記録・停止・中断したりしていました。

そこで、Defiというシステムを使えば仲介者が不要となるのです。

また、アクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰でも使えるというのもDefiの特徴と言えるでしょう。

インターネット上で誰でもアクセス可能で、利用者は暗号資産を自ら管理します。

金融業者が倒産するなどのリスクを回避することができ、新しいテクノロジーとして大いに期待されています。

Defiの仕組み

Defiは、ブロックチェーン上にスマートコントラクト技術を活用して構築されています。

基本的には、イーサリアムベースのDefiが多いですが、最近ではそれ以外のブロックチェーンでのDeFiも活発になりつつあるのです。

取引が全てブロックチェーン上で処理され、スマートコントラクトを使い、取引の実行や記録はブロックチェーン上で人の手を介さずに行われています

すべての取引の記録がネット上で公開され、どのような取引が行われるのかは誰でも確認することができるのもDefiの特徴です。

DeFiのサービスは、システムの信頼性を高めるためソースコードを公開しています。

技術的な知識は必要ですが、これまでの金融サービスと比較しても非常に透明性が高いと言えるでしょう。

Defiのアプリケーション

次にDefiが具体的にどんな形で使われているのか。

Defiのアプリケーションをご紹介します。

DEX

DEXは主に、イーサリアムのスマートコントラクトを活用して構築されたP2Pの取引所のことです。

Decentralized Exchangeの略称としてDEXと名付けられ、日本語では分散型取引所と呼ばれています。

ブロックチェーン上で管理されており、流動性の供給から、取引の約定に至るまで、一連のプロセスの殆どがスマートコントラクトで自動的に処理されているのです。

P2Pの取引を行うことができ、仲介者もおらず素早く取引が完了し、なおかつ低い手数料を実現している点が魅力です。

基本的にUIは英語で初心者の方にはわかりにくい部分もありますが、これまでの中央集権型の取引所にはない機能を使えるため、多くの投資家に利用されています。

DEXのサービス例としては、「Uniswap」や「PancakeSwap」などが挙げられます。

dApps

dApps とはブロックチェーンを用いたサービスやゲームを提供するアプリの総称です。

dApps とは、decentralized applications の略称で、日本語では分散型アプリケーションと訳されます。

今までのアプリとは異なり、ブロックチェーンを使用しており、仕組みが公開されているオープンソースとなっているのが特徴です。

アプリをコントロールする中央管理者は存在せず、分散管理されています。

自由に価値の交換を行うことのできるトークンの発行と、アプリ内にそのトークンの受け渡しを行う仕組みを作ることで、自動的にオペレーションが実行され、誰がどれぐらいの金額を所有しているかを正確に記録しています。

正確な送付先を書き込むことで正確に送金できるサービス提供を実現しているのもdAppsの特徴と言えるでしょう。

dAppsの例としては、cryptokittiesなどが挙げられます。

Defiの機能

次は、実際にDefiでどんな機能を使えるのかをご紹介します。

スワップ

スワップとは交換という意味です。

その名前の通り、自分が欲しいコインと交換することができます。

例えば、DEXの主要サービスである「Uniswap」でスワップを行うことが可能です。

ブロックチェーンのスマートコントラクトで全ての取引が行われ、イーサリアムとERC20トークンと交換できます。

ERCトークンとはイーサリアムのブロックチェーン上で作られたコインのことで、イーサリアムと互換性があります。

最近では、ERCトークン同士でもスワップできるようになり、ますます注目を集めています。

イールドファーミング

イールドファーミングとは、通貨の流動性を提供し、報酬を得る方法のことを指します。

DEXには管理者が存在しないため、板が薄くなることが多くあるという欠点がありました。

それを補うため、各投資家から通貨を集める必要があり、通貨を提供した投資家にインセンティブとして報酬を払う、という仕組みができました。

その仕組みを生かし、自分の持っている通貨をDEXに置いておくことで流動性を提供し、見返りとして報酬を得ることができます。

リキッドスワップ

Liquid Swapは少ない手数料で仮想通貨が交換できる取引所です。

大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が、流動性プロバイダーが取引手数料から利子と収入を得ることを可能にする自動マーケットメーカー(AMM)プール「Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)」の提供を開始しました。

DEXの一種であるAMM(Automated Market Makers)では、プールされている仮想通貨からトークン交換が行われます。

Binance Liquid Swapで暗号資産を預けると利息がもらえるため数多くの投資家が暗号資産を預けています。

手数料が少ないのが特徴で、バイナンスのLiquid Swapでは全ての取引手数料が0.04%となっています。

Binanceの取引手数料は0.1%なので、取引回数の多い人にとってはとてもありがたい取引所と言えるでしょう。

Liquid Swapが買う人と売る人が存在する板取引方式ではなく、プールされている仮想通貨から取引が行われる仕組みを採用しています。

Liquid Swapでは、価格変動リスクの少ないステーブルコインでもプールできるため徐々にその人気を伸ばしつつあります。

ステーキング

ステーキングとは、対象の仮想通貨を保有しブロックチェーンネットワークに参加することで報酬がもらえる仕組みのことです。

これまでは、売値と買値の差額で利益を出すのが暗号資産での主流だったのに対し、ステーキングでは保有するだけで報酬がもらえます。

保有数量に制限がなく、いつでも売却・送付が可能。

期間に縛りがなく、申し込み不要、さらに分別管理の対象と多くのメリットがステーキングにはあります。

一方、取引銘柄が少なく、報酬が一定ではないという課題も抱えており、まだまだ発展途上のテクノロジーと言えるでしょう。

Defiステーキングは、DEXだけでなく、大手取引所のBinanceを通すことでも行うことができます。

煩雑なDefiの手続きを省略してBinance上でDefiステーキングができるので、初心者の方はまずバイナンスでステーキングを初めてみるのもおすすめです。

レンディング

レンディングとはお金を貸したい人とお金を借りたい人を繋げることで利回りを得ることを指します。

レンディングと言えば、日本円でレンディングを行うソーシャルレンディングというサービスが有名ですが、

ここ数年で暗号資産によるレンディングサービスも増えており、暗号通貨を貸し出すことで利息を得ることができるようになりました。

レンディングの強みは、自分で取引しなくても、預けるだけで資産を増やしやすいという点です。

今の時代、ゆうちょ銀行の定期貯金でも0.002%と超低金利となっており、銀行に資産を預けているより利回りがいいので、資産家は暗号資産のレンディングサービスを積極的に使うようになっています。

Defiで稼ぐ方法

ここまで読んでくださった方の中には「Defiでどのようにしたら稼げるの?」と疑問に思った方もいるかと思います。

Defiで稼ぐ方法は、主に2つです。

Defiで稼ぐ方法
  • Defi銘柄に投資をして自分で運用する
  • プラットフォームに資金を運用してもらい自動で配当をもらう

それそれ詳細に見ていきましょう。

Defi銘柄に投資をして自分で運用する

Defi銘柄に投資をして自分で運用することで利益を出すことができます。

株式投資と同じようなもので、これから価値が高騰しそうなDefi銘柄に投資し、価値が上がったタイミングで売却することで利益を得ることができます。

Defiの基軸であるイーサリアムやガバナンストークンは取引所で売り買いできます。

暗号通貨やガバナンストークンの中には急激な価格上昇を遂げているものもあり、将来性の見込める資産に投資をすることで為替益をたくさん得ることができるでしょう。

プラットフォームに資金を運用してもらい自動で配当をもらう

プラットフォームに資金を運用してもらい自動で配当をもらうというのも利益を上げる1つの方法です。

自分でDefi銘柄を売買する時とは違い、チャートに張り付いていなくて良いのが利点です。

例えば、Defiサービスを利用してレンディングを行うことで利息をもらえます。

レンディングサービスの代表的な業者として「Compound」があります。

Compoundなどのレンディングサービスは、ネット上で自由にやりとりができる暗号資産の銀行のような役割です。

お金を増やしたい人とお金が必要な人をマッチングしてくれ、借りた側が払った利子を預けた側が得ることができます。

銀行と違うのは、スマートコントラクトにより取引が自動化しているため仲介が存在しないことです。

個人と個人のお金の貸し借りなので仲介手数料のようなものはかからず、銀行での金利よりも高い金利が見込めます

Compoundの他にも、Binanceが提供しているBSC上で稼働するAMM(Automated Market Makers,自動マーケットメーカー)で稼働する「PancakeSwap」というものがあります。

資金をプールすることによって手数料収入をCAKEと言われるトークンで獲得することが可能で、CAKEを売って利益を得ることもが可能です。

稼ぎ方についてはメルマガで詳しく配信していますので、是非この機会に無料登録してみてください。

Defiはどれくらい儲かるのか

果たして、Defiでどれぐらい儲かるのでしょうか?

2つのパターンで数値を計算してみました。

ステーキングでどれくらい稼げるか

次にステーキングについて見ていきましょう。

今回はバイナンスのDefiステーキングの数値を使って計算していきます。

defiステーキング
出典:バイナンスDefiステーキング

100BNBをステーキングしたとすると、以下のような利息を得ることができます。

※1BNB=60,000円で計算

ロック期間利息(BNB)利息(円)
1日0.02326BNB1,395.6円
7日0.16282BNB9,769.2円
30日0.69781BNB41,868.6円
90日2.09342BNB125,605.2円
365日8.49BNB509,400円

つまり、6,000,000円ほどの資金を365日ステーキングすると509,400円の利息がもらえるということです。

相場などの影響を受けて金利が低くなることも考慮しなくてはなりませんが、銀行に預けるよりもはるかにいい利率になっています。

キャピタルゲインによる利益

Defiでは、コインを売って儲けたり、流動性マイニングより得たガバナンストークンを売ることで利益を出すことができます。

短い期間に利益を出せるということはそれだけ価値の乱高下が激しいということを意味し、まさにハイリスクハイリターンな投資と言えるでしょう。

数値の代表例としてCompundの「COMP」について見ておきましょう。

compound
引用元:trading viewの提供チャート

2020年6月Compound利用者に対して「COMP」という新しいコインを配布するという発表をしました。

配布当初COMPには価値がついていませんでした。

しかし、Binanceなど大手取引所が取扱を開始し価値が上がったのです。

2021年4月現在、COMPの値段は約6万円となっています。

価値がない通貨がたった1年で6万円まで高騰した結果になりました。

Defiを始める際に必要なもの

ここまで記事を読み、実際にDefiを始めたいと思った方も多いことでしょう。

Defiを始める際に、以下のものが必要になります。

Defiを始める際に必要なもの
  • 貸し出すためのコイン
  • 送信手数料支払いのためのコイン
  • 暗号資産管理のためのウォレット

ひとつずつ詳しく解説していきます。

貸し出すためのコイン

CompoundなどレンディングプロトコルでDefiに参加する際には、そこに預ける暗号資産が必要です。

イーサリアムなどのトークンを貸し出すことで利息を得たり、新規ガバナンストークンがもらえます。

貸し出すコインはなんでもいいですが、比較的多くの取引所で扱われているUSDTなどのコインがおすすめです。

まずは、取り扱い通貨数の多いBinanceで用意するのがおすすめです。

送信手数料支払いのためのコイン

Compoundで取引をする際、コインを送ったり使用時の手数料をイーサリアムで支払います。

Defiに参加するためにまずは日本の取引所でイーサリアムを購入しておきましょう。

その時々によって手数料などの値段は変わるので使う前は調べておくのもお忘れなく。

暗号資産管理のためのウォレット

Defiに参加するときにはウォレットが必要です。

Compoundでは「MetaMask」などのイーサリアムウォレットを経由して暗号資産の貸し借りがされます。

MetamaskはGoogleのChromeで利用できるウォレットです。

イーサリアムとイーサリアムトークンを管理できます。

Compoundなど一部の取引所では運営会社が用意した口座を登録するのではなく自分で用意したウォレットを使う場合もあります。

Dediを始める際の注意点

ここまで、Defiについて詳しく見ていきましたが、最後に注意点を確認しておきましょう。

Defiを始める際の注意点は以下の通りです。

キャプション
  • 貸し出した資金はロックされる
  • 価格変動のリスク
  • 問題があった場合自己責任

貸し出した資金はロックされる

Defiで貸し出した資金は貸出期間中はロックされます。

初めてDefiを利用したときに、なぜ資産が動かせなくなったかわからなくなりパニックになる方もいます。

貸し出した暗号資産は自由に動かせなくなるので注意しましょう。

価格変動のリスク

暗号資産を扱うDefiでは価格変動のリスクはつきものです。

暗号資産はまだ価格の乱高下が激しいのが現状です。

一時期話題をさらったYAMは一瞬話題をさらい高騰、最大で150ドルまで上がり、そのあと0.6ドルへと急降下しました。

貸し出したコインの価値が下がってしまうと、思っていた金利収入を下回ることもあるので注意が必要です。

問題があった場合は自己責任

Defiでは何か問題が生じたときには自己責任となります。

中央集権型の金融機関の場合、システム障害などが原因でトラブルが発生した際は、運営者側が責任を負いユーザーの損失を補償します。

Defiは何度も申し上げた通り、管理者がいないため問題があった時は自己責任となります。

サービス利用中に問題が発生した場合、自分で責任を追わなくてはならないことは肝に銘じておきましょう。

まとめ

今回はDefiとは何か、その機能や稼ぎ方と一緒に解説していきました。

この記事のまとめ
  • Defiとはブロックチェーン上の金融エコシステム
  • DEXやDappsなどのアプリケーションが存在する
  • スワップ、イールドファーミング、レンディングなどの機能が実装されている
  • インカムゲイン、キャピタルゲインにより稼ぐことが可能
  • リスクは大きいが大きなリターンを期待できる投資
  • 管理者がいない故に責任は自己負担

Defiには様々な機能があり、国内取引所ではできないような様々な使い方をすることができます。

稼ぎ方も多種多様で、大きな利回りを狙うことも可能できます。

Defiに関しては、ビッコレのメルマガでも詳しく解説しています。

最新情報・限定情報を無料で配信していますので、是非この機会に登録してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高松 健二 高松 健二 ビッコレTIMES 編集長

仮想通貨投資に2017年から参入|資金10万円から始め、現在は運用額2000万程度|初心者でも仮想通貨で稼げる情報を配信|2021年からビットコインがもらえるポイントサイト「ビッコレ」のメディアディレクターとして活動|

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる