MENU

bybit(バイビット)の評判・口コミを紹介|メリット・デメリットを徹底解説

bybit評判アイキャッチ

今回の記事ではbybitの概要や評判、メリット・デメリットについて詳しくまとめていきます。

「bybitを使ってみようと思っているけど海外取引所だし大丈夫だろうか…」

と思っている方は、多いと思いますので是非最後まで読んでみてください。

記事の要点
  1. bybitは世界トップクラスのユーザー数を誇る暗号資産FX取引所
  2. 最大レバレッジ100倍、追証なし、日本語対応などさまざまなメリットがある
  3. 取引銘柄の少なさや1日の出金回数の制限などのデメリットも存在する
  4. 最高クラスのセキュリティーにより安心して取引できる初心者にもおすすめできる取引所

bybitは機能が豊富で、使いやすい取引所です。

国内取引所にはない、様々な機能を使いながら取引ができますので、是非無料登録してみてください。

\メールアドレスだけ30秒! /

目次

bybitの概要

出典:bybit公式サイト
名称Bybit(バイビット)
所在地(登録地)シンガポール
運営会社Bybit Fintech Limited
取扱通貨BTC・ETH・XRP・EOS・LTC・USDT
XTZ・LINK・UNI・ADA・DOT
最大レバレッジBTC100倍 アルトコイン50倍
取引手数料メイカー/-0.0250%
テイカー/0.0750%
ロスカットシステムロングポジション/(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ + 1
ショートポジション/(平均参入価格 x レバレッジ) ÷ レバレッジ – 1
追証なし
日本語対応あり(日本語カスタマーサポート付)
スマホ対応iOS・Android公式アプリあり
公式サイトbybitの公式サイト

\メールアドレスだけ30秒! /

bybitとは

bybitとは2018年3月に設立されたシンガーポールに所在地をおく暗号資産取引所です。

世界130国以上で取引されており、世界トップクラスのユーザー数と取引高を誇ります。

デリバティブ仮想通貨取引所ランキング(CoinMarketCap)において2021年4月時点で、Binanceなど有名取引所に続いて第5位にランクインしており、今大注目の取引所になっています。

bybitでは、マルチシグコールドウォレットを使用した資産の保管・管理、 オフライン署名機能などにより、強固なセキュリティを実現しています。

加えて、スマートフォンで使えるbybitアプリにより、取引がアプリひとつで完結する利便性も兼ね備えています。

日本語カスタマーサポートもあり、いつでも利用者の質問や問題に対応してくれるので、暗号通貨取引初心者の方にもおすすめの取引所です。

bybitの機能一覧

bybitでは以下の3種類で取引を行うことができます。

  • インバース無期限契約
  • USDT無期限契約
  • インバース型先物

インバース無期限契約

インバース無期限契約とは、建て値や決済に暗号資産を使用する取引のことをいいます。

暗号資産は法定通貨に比べて値段の変動が大きいのが特徴です。

もちろん損失が大きくなるリスクはありますが、うまく取引すれば大きな利益を狙うことが可能です。

2021年4月時点でインバース無期限契約で取引できる通貨ペアは以下の4種類です。

  1. BTC/USD
  2. ETH/USD
  3. EOS/USD
  4. XRP/USD

インバース無期限契約で利用できる最大レバレッジは100倍ですが、通貨ペアによって異なるので注意しましょう。

通貨ペア最大レバレッジ
BTC/USD100倍
ETH/USD50倍
EOS/USD50倍
XRP/USD50倍

USDT無期限契約

USDT無期限契約とインバース無期限契約の大きな違いは基軸通貨です。

インバース無期限契約では米ドル(USD)だったのに対し、USDT無期限契約ではテザー(USDT)が基軸通貨となります。

USTDとは?

テザー(USDT)は現在最も人気のあるステーブルコインの1つです。テザーは米ドルと1:1で価格を保持するように設計されています。このコインは様々なブロックチェーン上にあり、過去数年で取引高と流動性が大幅に増加しました。他のステーブルコインと同様に、トレーダーはBTCや他の暗号資産において一般的な急激な価格変動の影響を受けないので、USDTは仮想通貨のトレードに便利です。

Binance academy

2021年4月時点でUSDT無期限契約で取引できる通貨ペアは以下の9種類です。

  1. BTC/USDT
  2. ETH/USDT
  3. BCH/USDT
  4. LINK/USDT
  5. LTC/USDT
  6. XTZ/USDT
  7. ADA/USDT
  8. DOT/USDT
  9. UNI/USDT

最大レバレッジはインバース無期限契約と同じく100倍ですが、こちらも通貨ペアによって異なるので確認しておきましょう。

通貨ペア最大レバレッジ
BTC/USDT100倍
ETH/USDT50倍
BCH/USDT50倍
LINK/USDT25倍
LTC/USDT50倍
XTZ/USDT25倍
ADA/USDT25倍
DOT/USDT25倍
UNI/USDT25倍

インバース型先物

インバース型先物とは、近い将来の決められた期日に、所定の価格で売買するという取引です。

無期限契約と違って資金調達率が発生しないため、スイングトレード(長期でポジションを保有するトレード)に向いていると言えます。

2021年4月時点でインバース型先物で取引できるのは2種類です

  1. BTCUSD0625先物契約
  2. BTCUSD0924先物契約

最近始まった取引形態のため少ないですが、今後追加されていくでしょう。

暗号資産の購入

bybitでは2020年8月より暗号資産の購入ができるようになりました。

BTC・ETH・USDTの3種類の暗号資産と日本円を含む以下の法定通貨45種類の取引が可能となっています。

bybit取扱法定通貨

AUD / BGN / BRL / CAD / CHF / COP / CZK / DKK / DOP / EGP / EUR / GBP / HKD / HRK / IDR / ILS / INR / JOD / JPY / KES / KRW / KWD / LKR / MAD / MXN / MYR / NGN / NOK / NZD / OMR / PEN / PHP / PKR / PLN / RON / RUB / SEK / SGD / THB / TRY / TWD / UAH / USD / VND / ZAR

\メールアドレスだけ30秒! /

bybitのメリット

bybitのメリットは以下の通りです。

  • 最大レバレッジ100倍
  • 追証がない
  • FRが高い
  • 手数料が安い
  • 日本語対応でわかりやすい
  • UI,UXが良い
  • イベントやキャンペーンが豊富

それぞれ解説していきます。

最大レバレッジ100倍

2020年5月1日に施行される改正資金決済法により、日本国内の取引所では最大レバレッジ倍率は2倍と制限されることが決まりました。

bybitでは日本国内の取引所ではできない最大100倍のハイレバレッジの取引をすることができます。

レバレッジを高くすることで資金が少なくても効率よく利益を出すことが可能です。

また、レバレッジを1倍〜100倍まで細かく設定できるため、自分の状況にあった取引をすることができます。

追証がない

追証とは証拠金が一定の割合をした回る度に追加の資金を入金しなくてはないというシステムです。

追証があるとどうしても多くの資金が必要となってきます。

しかし、bybitではこの追証がないため最低限の資金で取引することが可能です。

コストを抑えて取引したい方や、少ない資金から暗号資産取引を初めてみたい方におすすめできる取引所となっています。

\メールアドレスだけ30秒! /

FRが高い

FRとはfunding Rateの頭文字をとったもので、ファンディングにかかる手数料を計算する利率のことを指します。

FRは需要と供給のバランスを保つために設定されており、以下のルールで手数料が発生します。

  1. ロング(買い)が多いときにはロング(買い)保有者が手数料を払い、ショート(売り)が貰う
  2. ショート(売り)が多いときにはショート(売り)保有者が手数料を払い、ロング(買い)が貰う

FRにより手数料の額が設定され、毎日一定の時間になると手数料の支払い・受け取りが両ポジション間で行われます。

海外取引所ではFRにより金利収入を得ることができますが、bybitはFRが圧倒的に高いのです。

Binanceでは1日あたりの金利が0.267%、FTXでは0.192%であるのに対し、bybitでは0.51%とかなり高い数値となっています。

Binance0.267%
FTX0.192%
bybit0.51%

仮に1BTC=500万円とすると、1BTCのショートを保有するだけで月間75万円の金利収入がえらることになります。

FRが高いということはbybitの大きなメリットと言えるでしょう。

手数料が安い

BybitではMaker側の手数料が-0.025%とマイナスに設定されています。

つまり、Maker側であれば手数料を取られることなく、逆に手数料をもらえます。

Bybitではトレーダーに有利なMaker手数料が設定されているので、Makerに立つことさえ意識すればかなり有利に立ち回れます。

Taker側の手数料も0.75%と比較的低く設定されています。
※binanceではMaker手数料:0.1%/Taker手数料:0.1%

Maker-0.025%
Taker0.75%

効率よく利益を出せるので、手数料が安いのは嬉しい点です。

日本語対応でわかりやすい

海外取引所を使う際に苦労するのは言語の壁です。

特に、暗号資産の取引では辞書に載っていない専門的な言葉が英語で出てくるので調べるのが大変です。

bybitは日本語に完全対応しているため余計な手間を省くことができます。

サイトやスマホアプリも全て日本語表示することができるため、英語が苦手な方も心配ありません。

また、日本語のカスタマーサポートもあるためわからないことが出てきても気軽に質問することができます。

bybitは、初めて海外取引所を使うという方も安心して取引できる環境と言えるでしょう

UI,UXが良い

UI,UXの良さもbybitの特徴としてあげられます。

bybitは今や利用顧客数120万人以上を誇る巨大な取引所で、寄せられる注文数も尋常ではありません。

普通なら頻繁にサーバーダウンが起こっても不思議ではないのですが、bybitは年間のシステム稼働率は99.99%を誇ります。

最新のサーバーとインフラを整備しており、値滑りやフリーズはほとんど起こりません。

イベントやキャンペーンが豊富

bybitでは年間を通して何かしらのイベントやキャンペーンが常に開催されています。

現在開催中のキャンペーンはこちらをご確認ください。

もちろん他の取引所でもイベントやキャンペーンが開催されているのですが、bybitのものは内容がかなり豪華かつ楽しいのが特徴です。

入金ボーナスキャンペーンが定期的に行われており、頻繁にお得な友達紹介キャンペーンも行われています。

また、bybit名物とも言えるトレードバトルも開催されており、楽しみながら取引できる工夫が随所に見てとれます。

楽しくて豪華なイベントに参加してみてたいという方は、イベント開催期間にbybitを一度使ってみるのがおすすめです。

\メールアドレスだけ30秒! /

bybitのデメリット

もちろんbybitにはメリットだけではなくデメリットもあります。

bybitのデメリットは以下の通りです。

  • 取引銘柄が少ない
  • リスク管理を怠るとすぐに資金がなくなる
  • ドル建てでの取引しかできない
  • 1日3回しか出金できない

それぞれ解説していきます。

取引銘柄が少ない

bybitは取引銘柄が少ないというデメリットがあります。

現在bybitでは、インバース無期限契約で4種類、USDT無期限契約で9種類となっています。

暗号通貨以外にもさまざまな資産を取引できる他の取引所と比べると、bybitは取引銘柄が少ないと言わざるをえないでしょう。

リスク管理を怠ると資金がすぐになくなる

bybitではレバレッジを最大100倍にして取引することができます。

レバレッジをきかせると少ない資金からでも効率よく利益を出せます。

しかし、予測を見誤りってしまうと、ほんの少しの値動きでもすぐに資金が尽きてしまうことがあるのです。

そのため、ポジションを取ったらすぐにロスカットの設定するなど、リスク管理をすることが必須となります。

倍率を高く設定できるレバレッジは魅力的に映るかもしれませんが、リスク管理を徹底しないといけないことは肝に銘じておきましょう。

ドル建てでの取引しかできない

現状では、bybitでは日本円での取引に対応していません。

証拠金として暗号資産を使います。

また、暗号資産の額を日本円ではなく米ドルで換算します。

米ドルでの取引に慣れていない方にとっては取引しづらく感じるかもしれません。

慣れるまでは慎重に取引することを意識しましょう。

1日3回しか出金できない

bybitではアカウントからの出金が1日3回までしかできません。

出金の手続き自体は簡単で、仮想通貨を管理するウォレットアドレスを入力し、出金する量を入力すれば完了です。

出金が反映される時間が日本時間で1時、9時、17時の3回のみとなっています。

1日に何度も出金したいという方は注意しておきましょう。

bybitの安全面・セキュリティ

bybitは、「取引所運営において最も重要なのは安全性だ」という考えのもと運営している、強固なセキュリティーをもった取引所です。

代表的なセキュリティー対策として以下のものがあげられます。

  1. マルチシグコールドウォレットを使用した資産の保管・管理
  2. SSL通信
  3. 2段階認証
  4. マルチシグネチャ
  5. ログイン通知
  6. ハッカー潜入検査セキュリティシステム

コールドウォレットとは、完全オフラインの状態で管理されるウォレットのことです。

今まで起こった取引所のハッキング事件はオンライン上にデータを保管していたことで起こりました。

しかし、bybitではすべての顧客資産をコールドウォレットで管理しているため、ハッキングのリスクがほぼなくなりました。

他にもさまざまな側面からセキュリティー対策に力を入れており、bybitは世界最高水準の安全性を誇る取引所と言えるでしょう。

\メールアドレスだけ30秒! /

bybitの評判・口コミ

bybitめちゃくちゃ使いやすいな
今までビットバンク使ってて損切りライン設定できなくて見張ってる必要あったけど、bybitは損切りライン設定したらもう放置できる

twitter

FTXの口座を開設したけど使い方が謎
レンディングしてみたけど、やめ方が分からない。
1年とか期間があるのかな?レバレッジトークンを利確したのに損益に反映されてないし、なんなんだろう。
bybitって使いやすいんだなぁ

twitter

やはり、使いやすさに関する評価が高い口コミが目立ちました。

海外取引所の中でも、初心者の方が使いやすい取引所と言えるでしょう。

bybitで開催中のキャンペーン

現在bybitでは、「新年度取引応援!特別ボーナスキャンペーン」が開催されています。

キャンペーン期間中の合計取引高に応じて、最大 $1,000 相当のビットコインボーナスがもらえるというキャンペーンです。

合計取引高によって以受け取れるビットコインボーナスの額が以下のように変わってきます。

合計取引高ビットコインボーナス
$100,000 以上$10 相当
$500,000 以上$50 相当
$3,000,000 以上$300 相当
$10,000,000 以上$1,000 相当

キャンペーン期間は日本時間の2021年4月12日(月)午前9時から5月9日(日)午前9時までです。

期間内の「インバース型無期限契約」、「インバース型先物契約」、「USDT 無期限契約」の取引ペアの 取引高(APIを除く)が、合計取引高として合算されます。

詳しく知りたい方はbybit公式サイトをご覧ください。

\メールアドレスだけ30秒! /

bybitを使う際の注意点

ここまでbybitについて詳しくみていきましたが、最後に実際に使用する際の注意点を確認しておきます。

bybitを使う際の注意点は以下の通りです。

  1. 2段階認証を設定する
  2. ハードウェアウォレットを利用する
  3. 資産管理をしっかりする

2段階認証 を設定したり、ハードウェアウォレットを利用することによりセキュリティー面が向上し、安心して取引をすることができます。

bybitを初めて使う場合は設定しておきましょう。

実際に取引をする時には、資産管理をしっかりすることが必要です。

先ほども触れましたが、bybitはハイレバレッジ取引ができるが故に、資産管理を怠ると資金がすぐに尽きてしまいます。

安全面、資産面での管理は取引前に準備しておきましょう。

bybitまとめ

bybitはセキュリティー面や操作性など世界最高水準を誇る取引所です。

キャンペーンやイベントが頻繁に開催されおり、満足度の高いサービスを提供し続けています。

取引銘柄が少なかったり、最大レバレッジが高い故の危険性も孕んではいるものの、日本語対応やカスタマーサポートなどもついており、初心者にもおすすめできる良い取引所だと言えるでしょう。

登録はメールアドレスだけで30秒で完了します。

お得なキャンペーンも開催中ですので、是非この機会に無料登録してみてください。

\メールアドレスだけ30秒! /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

高松 健二 高松 健二 ビッコレTIMES 編集長

仮想通貨投資に2017年から参入|資金10万円から始め、現在は運用額2000万程度|初心者でも仮想通貨で稼げる情報を配信|2021年からビットコインがもらえるポイントサイト「ビッコレ」のメディアディレクターとして活動|

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる